妊婦健診の服装は?健診項目から見るおすすめアイテムとコーディネート

checkupwear
ファッション

妊娠が判明してからは妊婦健診に何度も通うことになるわけですが、意外と悩むのが服選び。
スムーズに健診を受けるためにはワンピースがいいの?やっぱりスカートが定番?でも冷えも防ぎたい…お出かけのコーディネートを決めるのとはまた違った服選びの悩みですよね。
どんな服が良いのか、逆に避けたほうが良い服はどんなものなのか、この記事ではアイテム別に服選びのポイントを紹介しています。きっと健診時の服装を選ぶヒントとして役立つはず。

妊婦健診の内容を確認しておこう

妊婦健診では、月齢によって行う検査項目が変化します。検査項目を把握しておくことで、服装選びのイメージがしやすくなります。

例えば妊娠初期であればがん検診やクラミジア検査の日がありますし、そうでなくてもこの時期の超音波検査は経腹ではなく経腟で行われます。
超音波検査は経腹・経腟どちらも子宮や胎児の状態を診るために行う目的は変わりませんが、妊娠初期では子宮や卵巣の状態をより把握できる経腟エコーで検査をします。
腹部を診る診察はほぼないので、ワンピーススタイルで問題ないでしょう。

ですが妊娠中期以降はお腹が大きくなるため経腹エコーになり、大きくお腹を出せる服装が便利になります。ワンピースでもめくり上げることで腹部を出せますが、タオルなどをかけてくれるとはいえ脚が大きく露出するのは心許ないかも知れません。上下がつながっていないセパレートのコーディネートが安心です。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

健診内容から考えるおすすめのアイテム選び

様々な検査項目がありますが、検査を邪魔しない・スムーズに受けることのできるアイテムを考えてみましょう。

トップス

特に妊娠入気以降はお腹を大きく出して診てもらうことが多いので、前開きのものや裾をめくり上げやすいものが楽です。硬い素材のものより伸縮性があり柔らかいもののほうがお腹を出しやすくごわつかないため診察を受けやすいでしょう。
出産が近くなると、お腹だけでなく授乳指導のため乳房全体を出せるようなアイテムが便利です。前開きのものがあると良いでしょう。

また、長袖のシーズンであれば採血しやすいように腕まくりしやすいもの、血圧測定の誤差が大きくならないよう分厚すぎない生地のものを選んだほうが良いです。そのため寒い季節であれば羽織りもので調整しやすくしておく、厚手のアウターを着て行くなどして対応しましょう。

cuw1

伸縮性に富んだ優しい肌触りのロンT。無駄な装飾がなく、腕まくりしやすいのもポイント。羽織もののインナーとしても。

ボトムス

前述したエコーをはじめ、妊娠後期でも子宮口を確認したりなど内診することがあるので、基本的にはなるべくパンツではなくスカートにするのがおすすめです。
お腹を出しやすいのは断然ウエストがゴムやリブになっているタイプ。めくり上げやすさやもたつかなさを考えると、タイトなシルエットなものではなくフレアタイプが適しています。
また内診のあと出血してしまう場合もあるので、ナプキンをつけてもごわつきにくいボトムを選ぶ、色の薄いボトムは避けるなどしておくと安心です。

検診にもうってつけのフレアスカートは、マタニティ用のウエストが伸びるものを着用することでお腹を診てもらうときもスムーズです。

 

ワンピース

前述したように経腹エコーが行われるようになってからは脚が大きく露出することが多くなるため気になる人もいるかも知れません。
ですがマタニティウェアとしてワンピースをよく着用する人も多いので、できれば着慣れたワンピースで過ごしたい場合もあるでしょう。そうした場合はレギンスを合わせるのがおすすめです。
サロペットやオーバーオールなどの、上下がつながったパンツスタイルのアイテムはいずれの診察でも手間取ってしまうのでやめておいたほうが良いでしょう。

mw2

着心地抜群のTシャツワンピースは、ストンとしたラインでもたつかず、体型カバーもできる一着。

インナー

妊婦健診ではスカートスタイルが多くなりますが、特に寒い季節はストッキングやタイツを合わせて防寒したいところ。
ですが、内診だけでなく医療機関によっては浮腫検査でも素足になる必要があるため脱ぎ着に時間がかかるストッキングやタイツはやめておいたほうが無難です。タイツを防寒で穿くのであれば、厚手タイプで破れにくいものであればまだスムーズに脱ぎ穿きしやすいでしょう。
レギンスであればお腹も出しやすく、浮腫検査の際も裾をめくり上げるだけで済むのでおすすめです。ワンピースやチュニックもレギンスと組み合わせることで健診が受けやすいコーディネートになり、おしゃれ感も損なわれません。

cuw5

色違いで揃えたい定番のシンプルレギンスは、伸縮性を重視して選ぶことで大活躍します。

シューズ

妊婦健診に限った話ではありませんが、転んだりつまずいたりする可能性を減らすためにかかとの高い靴はやめておきましょう。脱ぎ履きに時間のかかるブーツ類などもおすすめできません。
柔らかいスリッポンやバレエシューズなどが脱ぎ履きしやすく、むくみがある場合も履きやすいのでおすすめです。

おすすめコーディネート

どんなアイテムが良いのかはなんとなくわかったけれど、コーディネートがいまひとつ思い浮かばない!そんな人のために例としておすすめコーディネートをピックアップしておきます。是非参考にしてみてくださいね。

トレーナーワンピース×レギンス×スニーカー

cd1

柔らかいスウェット素材のワンピースにレギンスを合わせることで妊婦健診も楽ちんに。
足元はローカットのスニーカーを合わせることで安定感があるとともに、カジュアルな今どきのコーディネートになります。
参考:ワンピース裏起毛裾メロウリブレギンスその他スタイリスト私物

ストレッチタイプTシャツ×フレアスカート×ぺたんこパンプス

cd2

袖や裾がめくりやすい伸縮性に富んだトップスと、ウエストリブのフレアスカートの組み合わせはどんな健診項目でももたつかず快適。ぺたんこパンプスを合わせることで上品に仕上がります。
参考:ソフトタッチシンプルストレッチT産前産後小花柄ロングスカート、その他スタイリスト私物

Tシャツワンピ×マタニティパンツ×ローファー

cd3

パンツスタイルの場合は、このようなゆったりしたワンピースやチュニックタイプのものと合わせると経腟エコーや内診があっても安心です。
カジュアルなTシャツタイプのトップスとデニムの組み合わせにはローファーを合わせることで大人っぽくおしゃれに仕上がります。
参考:シンプルロンTウォッシュストレートデニム、その他スタイリスト私物

まとめ

脱ぎ着に手間取ったからといって叱られたりするわけではありませんが、緊張で数値に影響が出ないよう、なるべく心身がリラックスした状態で受診したいですよね。
おしゃれで機能的なマタニティ服はたくさんありますので、適したアイテムを用いたコーディネートで妊婦健診に臨みましょう。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧