ついに販売開始!液体ミルクのメリット・デメリットと取り入れ方

liquid
出産・育児

2019年3月11日、日本初の国産乳児用液体ミルクの全国発売が開始されました。
現在粉ミルクを使用している人もこれから出産する人も、興味を持ってニュースに目を通した人は多いのではないでしょうか。興味はあるものの、大切な赤ちゃんの食事である以上安全面や栄養面は粉ミルクと比較してどうなのか…不安が拭いきれずなんとなく購入に踏み切れていない人もいるでしょう。
メリットとデメリットを把握して上手に取り入れることで、きっと子育て家庭の強い味方になりますよ。

液体ミルクについて

ヨーロッパなどでは普及していますが、粉ミルクが一般的な日本では食品衛生法に基づく安全基準が設けられておらず、個人輸入以外では入手できませんでした。
液体ミルクが注目されたきっかけは2011年の東日本大震災。断水により粉ミルクを溶くための安全な水を求めて苦労した家庭がたくさんありました。その後2016年の熊本地震ではフィンランド産の液体ミルクが配布され、その利便性からさらに注目が集まりました。
それらの出来事に後押しされる形で2018年8月に改正厚生労働省令が施工され、国内での製造・販売が解禁されたことにより国内メーカーで開発が進みました。

国内製造液体ミルク第一号となったのは江崎グリコの『アイクレオ』シリーズから出たこちらの製品。

liquid

引用元:アイクレオ 赤ちゃんミルク|商品情報|ICREO/アイクレオ

春には明治の『ほほえみ』シリーズからも発売予定です。こちらはスチール缶入りで消費期限は1年。災害備蓄としての用途を強く意識しているのが伝わってきますね。

liquid2

引用元:プレスリリース|企業情報|株式会社 明治

なお、液体ミルクと粉ミルクはいずれも消費者庁より特別用途食品の認可を受けており成分規格に差はありません
参考:乳児用液体ミルクってなに? - 消費者庁

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

液体ミルクのメリット

まずは液体ミルクのメリットとデメリットを把握しましょう。

調乳なしですぐに飲ませることができる

粉ミルクの場合、殺菌のためにいったん熱湯で溶いたあと人肌に冷ましたり薄めたりする工程が必要不可欠です。手順に慣れていても15分ほどかかってしまうためお腹をすかせて泣いている赤ちゃんをどうしても待たせてしまいます。
液体ミルクは開封して哺乳瓶に移すだけで飲ませることができるので、そうした手間が一切かかりません。

外出時の負担が軽くなる

調乳に手間のかかる粉ミルクですが、外出時は熱湯を入れた水筒と湯冷まし用の水も持たなくてはいけないため荷物がかさばります。
液体ミルクであれば水筒や水といった重くかさばるものを持たずに済むため、外出時の荷物も小さく軽くなります。

育児参加がしやすくなる

調乳に不慣れな人でも簡単に授乳できるため、母親以外の家族が育児に参加するきっかけになります。

災害用備蓄として活躍する

災害が起こるたび液体ミルクの必要性が話題になっていたことからわかるように、液体ミルクは乳幼児のいる家庭が被災した場合マストアイテムとなるでしょう。
断水してしまうと粉ミルクを調乳するためのきれいな水を確保しなくてはいけません。ただでさえ被災して大変なときに、お腹をすかせた赤ちゃんをかかえて給水車の列に並ぶのは難しいでしょう。非常時はストレスで母乳が出なくなることも決して珍しくありません。
液体ミルクは常温でそのまま保存ができ、調乳の必要がいっさい要らないため断水しても影響なく授乳をすることができます。

液体ミルクのデメリット

粉ミルクと比較すると割高

価格面では粉ミルクに軍配が上がります。
現在発売されている国産液体ミルクは江崎グリコのものですが、同メーカー同シリーズの粉ミルクと比較してみましょう(いずれも公式オンラインショップの価格)。

[液体] アイクレオ赤ちゃんミルク 125ml 税込216円
[粉] アイクレオバランスミルク大缶 800g 税込2,756円(スプーン1杯/約2.54gで20mlのミルクができる)

仮に1日に500ml飲む子であれば、1日あたりの金額に換算すると液体ミルクは864円かかるのに対し、粉ミルクは219円弱。
4倍近い差があり、すべて液体ミルクに置き換えるには厳しいものがあります。

量の調整ができない

一度開封した液体ミルクは保存がききません。つまり、50mlだけ欲しいときや逆に200ml欲しいときなどは、粉ミルクのように量の調整ができないためロスが出やすいということです。値段が高いぶんだけなおさらもったいなく感じてしまいますね。

赤ちゃんや季節によってはひと手間必要

常温で保管でき温度調節をせず飲ませることができるのがメリットのひとつですが、赤ちゃんの好みによっては温かいミルクしか飲まない場合もあります。また、寒い季節だと常温とはいえ冷たくなってしまっていることもあるかも知れません。
そういった場合は、哺乳瓶やほかの容器に移し替えた上で電子レンジまたは湯煎で温める必要があります。

使い分けるのが得策

とても便利な液体ミルクですが、現時点ではやはり値が張るのがいちばんのネックでしょう。ですが、その手軽さは値段に見合った価値があります。
粉ミルクをやめて完全に液体ミルクにするのは無理でも、外出するときや夜中すぐに授乳したいとき、旅行のときなど、限られたシチュエーションのみで使用するなどして上手に使い分けるのがおすすめです。そうして取り入れるだけでもかかる負担はかなり違ってくるはず。
もちろん、災害用備蓄として必ずストックは置いておきましょう。

liquid3

 

まとめ

洗い物や調乳の手間がはぶけ、いざというときは赤ちゃんの命をつなぐ液体ミルク。
今はまだ液体ミルクの一般的な認知度は高いとは言えませんが、いずれは粉ミルクに並ぶアイテムになる可能性もあります。そうなるころには、製造や供給が安定し価格も安くなり、子育て家庭の強い味方として定着しているかも知れません。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧