妊娠中でもデニムスタイルでおしゃれできる!似合うマタニティデニムの選び方

denim
ファッション

多種多様なファッションアイテムのなかでも、デニムは定番中の定番アイテムです。流行は日々変化してゆきますが、それとは関係なくデニムは何本も持っているという人は多いですよね。
そんなデニム愛好家の人たちが困るのが妊娠時。大きくなるお腹に合わせてボトムスを選ばなくてはいけないため、大好きなデニムともしばしのお別れ…。と思ってしまいがちですが、そんなことはありません!
大きなお腹でも楽しめる、おしゃれなデニムボトムスとコーディネートを紹介します。

日々進化するマタニティウェア

マタニティウェアといえばワンピース、そうでなくてもスカート、というイメージを持っている人は多いもの。おしゃれが好きなのに、お腹が大きくなるにつれ着たい服が着られなくなってしまう…そう思っていませんか?
今やマタニティウェアは「妊娠したら着る服」ではなく「妊娠しても着られる服」と言ったほうが適切なくらい、おしゃれであることが当たり前の服ばかりです。

もちろん、マタニティウェアはただウエストサイズが大きければ良いというものではありません。
デリケートな時期の体に負担をかけないように作られていることがまず必須条件。妊娠期はお腹が大きくなるだけでなく、体全体が丸みを帯び、骨盤が広がる、胸囲が全体的に大きくなるなど様々な変化が次々に訪れます。
それらの変化に対応した着心地を叶えてくれるのがマタニティウェアです。

現在では生地や生産技術の進歩により、機能とデザインを両立している手頃な価格のマタニティウェアがたくさんあります。
以前はマタニティ用のパンツはワンピースやスカートほど多くなかったイメージがありますが、今では豊富に見つけることができます。

マタニティ用のデニムはマストアイテム!

そんななか、マタニティデニムは格段に進化を遂げています。
もともと、デニム生地といえば丈夫なぶんだけ生地がしっかりしていて、締め付けを避けるべき妊娠期にはふさわしくないイメージが少なからずありました。
しかし、最近では見た目はしっかりとしているのにゴワつかず、伸縮性にも優れたデニム生地が普及し、マタニティウェアにも活用されています。

デニムは合わせるアイテムを選ばずおしゃれに決まる万能アイテム。妊娠中でもデニムを活用できたなら最高ですよね。
もともとデニムが好きな人もそうでない人も、自分に似合うマタニティデニムを持っておくと良いでしょう。

denim5

マタニティデニム選びのポイント4つ

さて、すでにマタニティ用のデニムは数多く出回っていますが、非マタニティ用と同じように、その生地感や形は千差万別です。
マタニティデニムを選ぶときのポイントをチェックしておきましょう。

ポイント1:ウエスト部分が大きく伸びてお腹を覆ってくれる形状になっている

当然ながら、お腹が大きくなってもすっぽりと覆いつつ締め付けないような、腹帯状になっているものが良いでしょう。アジャスターが付いているものを選べば、調整が利いてなお便利です。
通常のデニムに簡単なゴム帯が付いているだけのタイプだと、妊娠後期のお腹の大きさに対応できなかったり、ずり落ちやすかったり、食い込みやすかったりしてしまうことがあるので注意が必要です。

ポイント2:伸縮性に富んだ生地を使っている

生地の伸びの良さは絶対に外せない条件。
ただでさえパンツスタイルはスカートより体にフィットしやすく、硬い生地のものだと動きづらくなってしまいがちです。それだと、しゃがんだり座ったりといった日常の動作すらもストレスになってしまいますよね。
さらに妊娠中はむくみやすいので、伸縮性がないパンツは締め付けに繋がりやすく、マイナートラブルを悪化させる一因にもなってしまいます。

ポイント3:見た目がちゃんとデニムらしい

伸縮性の良いデニムでありがちなのが、本来のデニムに劣る見た目のもの。ウォッシュ加工は施されていても、なんだか「デニム」というよりは「デニム風」といった感じの質感のものもよく見かけますよね。
デニムらしい見た目の質感にもこだわって選ぶことで、マタニティウェアとは思えないおしゃれを実現することができます。

ポイント4:自分に合った形をしている

一口にパンツと言っても、細身のデザインのものや様々な形があります。
非妊娠時においてもそうですが、自分の脚やスタイルに合った形を選ぶことが大切です。脚がきれいに見え、お腹が大きくても野暮ったくならずにスタイル良くスタイリングすることができますよ。

タイプ別マタニティデニム紹介

では、実際にどういったものがあるのか見ていきましょう。

スキニータイプ

denim2-1

合わせるアイテムを選ばない形といえばやはりスキニー。伸縮性のある素材のものを選べば、とても動きやすく楽ちんです。

コーディネート例

denim2-4

denim2-2

denim2-3

万能アイテムのスキニーデニムですが、トップスにオーバーサイズのものを着たいときにとくに活躍します。
妊娠後期はお腹が大きくなるぶん、ボリュームの出やすいコーディネートはなるべく避けたいという人も多いはず。そんなときにも、スキニータイプをボトムに合わせることですっきりとしたバランスに仕上げることができます。
チュニックやワンピースにレギンス感覚で合わせるのもおすすめ。

ストレートタイプ

denim3-1

近年とくに人気のストレートタイプ。
脚のラインが出すぎないので、スキニーのような細身のものに抵抗がある人にもおすすめです。

コーディネート例

denim3-2

denim3-3

denim3-4

シンプルなコーディネートでもほどよくポイントになり、カジュアルアイテムとも好相性。ロング丈ワンピースと合わせると今っぽいスタイリングになりますよ。
もちろんきれいめアイテムと合わせてもおしゃれに決まります。

CHOCOA ウォッシュストレートデニム 公式ページへ

産前産後タイプ

マタニティウェアならではの悩みといえば、せっかく買ったのに産後は着用できなくなってしまうという点。これからなにかと物入りな妊娠期は財布の紐が固くなりがちですし、数ヶ月しか着用できないと思うと購入をためらってしまっても仕方ありません。

そこでおすすめなのが、産前も産後も着用できるよう工夫されているタイプ。お腹が大きな状態でも非妊娠時でもずっと着用できるので、とても経済的で便利です。
定番のデニムアイテムだからこそ、お腹の大きさに関係なく着用できるのは嬉しいですよね。

denim4-2

denim4-3

下記のアイテムは、腹帯部分を内側に折り込むかハサミでカットすることで、産後も着用できるようになっています。手間をかけず簡単に産後仕様にできる点もポイント。
ふたたび妊娠をしたいと考えている人は、カットせず折り込んで使えばまたマタニティウェアとして活躍させることができますよ。

アイテム例

denim4-4

スキニーはずっと使える定番アイテムだからこそ、産前産後タイプでコスパよく。

CHOCOA 産前産後スキニーデニム 公式ページへ

denim4-5

スカート派の人のマストアイテム、デニムスカートも産前産後タイプで長く着用できます。

CHOCOA 産前産後デニムスカート 公式ページへ

まとめ

定番アイテムだからこそ、妊娠中もお気に入りのデニムボトムスを着回したいものですよね。ポイントを踏まえて、自分に合ったマタニティデニムを上手に選べば、妊娠期もおしゃれの幅がぐっと広がります。
ワンピースやスカートももちろん良いですが、マタニティだからこそ改めてデニムの魅力を再発見してみませんか?

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧