マタニティの下着はどうやって選べばいい?快適で損しない選び方を解説

maternityinner
ファッション

妊娠出産は体や環境が大きく変化するので、さまざまなグッズを買い換えなければなりません。そんな中で、後回しになりがちなのがマタニティ下着。
「これまでのも履けているし、もったいないからいっか」と無理やりサイズが合わないのに使い続ける人も少なくありませんね。でも、マタニティ下着を一度使うとその快適さから手放せなくなる人が続出します。
色々不快な妊娠中や、ストレスフルな産後を快適に過ごすためには、マタニティ下着はマストアイテム。
そこで、本記事ではマタニティ下着の必要性や選び方を説明します。マタニティ下着を買うかどうか迷っている人、何を買えばいいかわからない人は本記事を参考にマタニティ下着探しを進めてくださいね。

マタニティ下着は本当に必要なの?

妊娠中はお腹も胸も大きくなりますが、突然大きくなる訳ではないのでこれまでの下着も徐々に伸びていき、なんとか使えます。
しかし、マタニティ下着を買うべきと断言します。なぜならば、マタニティ下着は妊娠中・出産後の女性のことを考えて開発された下着なので、快適度合いが段違いだからです。もちろん、機能面でも通常の下着とは比較にならないほど工夫されています。
そんなマタニティ下着の特徴がこちらです。

  • 刺激が低い素材で作られている
  • サイズの変化に対応できる
  • 産後の授乳に対応している
  • 締めつけない仕組み

このようにマタニティ下着は通常の下着よりも、妊娠中、出産後も快適に過ごせるように開発されているので、快適な妊娠期間を過ごしたい人はぜひ用意しておきましょう。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

何が必要?購入すべきマタニティ下着の種類

次にマタニティ下着の種類を紹介します。すべてを購入する必要はないので、必要なものだけ選んで無駄なく選びましょう。でも、産褥ショーツだけは多くの産院で必須の持ち物とされているので必ず購入しておきましょう。

必ず買うべきマタニティ下着

マタニティブラジャー

マタニティブラジャーの特徴は「締め付けないしくみ」と「サイズ変化への対応」、そして「授乳しやすい構造」です。
妊娠中はバストのサイズが大きく変化するので、その変化に対応しなければなりません。多くのマタニティブラジャーが、4段階ホックなどサイズ変化に柔軟に対応できるようになっています。またワイヤーを使わずにバストを優しくホールドするノンワイヤーなどのタイプも、締め付け感がなく快適です。
産後の授乳期間も使えるように、授乳しやすい構造になっているものが多く、最低でも1年以上使えます。産後に授乳ブラジャーを慌てて買うよりも、妊娠中から快適に過ごせるマタニティ兼授乳ブラジャーを購入して使った方がコスパがいいですね。

マタニティショーツ

マタニティショーツはお腹を締めつけないデザインになっており、苦しさを感じないふんわりとした履き心地です。
お腹をすっぽり包むタイプのものと、通常のショーツタイプのものがあります。個人的には、お腹を包まれるタイプのマタニティショーツはとっても気持ちよく、安心感があります。快適すぎて産後も使い続けてしまうほどです。
また、出血やおりものの変化に気付きやすいよう、クロッチ部分は白地になっているものが多くなっています。

産褥ショーツ

産後、入院期間中に必ず履かなければならないショーツです。検診の際に出血や子宮の戻りを確認しやすいように、クロッチ部分が開閉するようになっています。
多くの産院が入院時の持ち物としていますので、妊娠中期以降に用意しておきましょう。

人によっては必要なマタニティ下着

妊婦帯、支えベルト

大きくなったお腹をホールドし、腰や背中への負担を軽減する役割があるのが妊婦帯や支えベルトです。
妊娠中は体調や体質が変化しやすく、これまで腰痛に悩んだことがない人でも腰痛や背中痛などを発症することがあります。マイナートラブル予防のために使ってみるとよいでしょう。

あると便利なマタニティ下着

産後ガードル

産後ガードルは産後リフォームガードルとも呼ばれ、妊娠出産により変化してしまった体のラインを元に戻すサポートをしてくれるものです。産後の繊細な体に悪影響を与えないような仕組みながらも、しっかりとボディラインを整えてくれます。
人によっては締めつけ感が苦しくやめてしまうこともあるので、産後の体調によって購入を決めても遅くはありません。

maternityinner2

これで迷わない!マタニティ下着の選び方

次に、マタニティ下着の選び方のポイントを説明しますね。特に種類が多いマタニティショーツとブラジャーに絞って解説するので、どれを選んでいいかわからない人はぜひ参考にしてください。

失敗知らずのマタニティショーツの選び方

マタニティショーツは大きく分けて、お腹を包み込むタイプと包み込まないタイプに分類されます。どちらを選ぶかは好みですが、包み込むタイプのマタニティショーツの心地よさが忘れられずに、産後も履き続ける人は少なくありません。産後着用するには、見た目がおしゃれとは言い難いというデメリットはあります。
それに対して包み込まないタイプはお腹が苦しくないようにしっかり伸びるものの、見た目は通常のショーツと変わらないので産後に履き続けても外見的な違和感はありません。
どちらのタイプを選ぶときも、「クロッチ部分の色」には気をつけておきましょう。妊娠中はちょっとした出血も体調変化の気づきになるので、見逃し厳禁です。クロッチ部分が濃い色のショーツでは出血を見落とすことがあるので、ここだけは気をつけてください。

また妊娠中は痒みや肌荒れなどを起こしやすいので、肌に触れる部分の素材やデザインにも気を使うと安心です。チクチクしやすいレースが直接肌につくデザインのものは避けるようにしましょう。

妊娠中も産後も快適!コスパ最高のマタニティブラジャー選び

マタニティブラジャーを選ぶ際に注意すべきポイントは「授乳に対応しているどうか」です。ショーツと比較するとどうしてもブラジャーは高額なので長く使えるものを選びたいですよね。だったら、「授乳対応ブラ」は必須です。
授乳ブラにも、バストの出し方によって種類があります。どのタイプもバストは取り出しやすいよう作られているので、気に入ったものを選ぶとよいでしょう。ただし、バストを取り出すときに面倒だなと感じるものを選ぶと産後使いづらくて敬遠してしまいますので、自身の性格と相談して「簡単そう」と思えるものを選ぶとよいですよ。

また、形状にもハーフトップタイプ、ノンワイヤータイップ、ワイヤータイプの3種類があります。一番締め付け感がないのがハーフトップタイプで、ホールド力が強いのがワイヤータイプです。妊娠中や産後もお仕事を続けている方は、ホールド力があるワイヤータイプを持っておくとよいでしょう。

まとめ

妊娠中は通常の下着でも対応しようと思えばできるものの、マタニティ下着のほうが快適で安心。多くの妊婦さんたちが、産後も手放せなくなるほどです。大変なことが多い産前産後をストレスなく暮らすために購入してみてはいかがでしょうか。
特にマタニティブラジャーとショーツは、産後も使えるのでコスパも悪くありません。機能性と快適性を兼ね備えた優秀な製品が多く販売されているので、デザインや素材など「自分が気に入るもの」を選ぶことが大切です。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧