マタニティタイツって本当に必要?マタニティタイツが必要な理由と選び方とは

maternitytights
ファッション

妊娠したら買うものがたくさん!マタニティ○○が多すぎて、ちょっとうんざりしている人も多いのでは?
せめてタイツくらい妊娠前のやつを使いたいよと思いますよね。でもマタニティタイツは、快適なだけでなく冷え対策やむくみ対策も可能な優れもの。
そこで、本記事ではマタニティタイツの必要性と、選び方を解説します。マタニティタイツなんていらないと思っている人、これからマタニティタイツを選ぼうと考えている人は参考にしてくださいね。

マタニティタイツが必要なたった1つの理由

実際のところ、マタニティタイツはなくてもなんとかなります。通常のタイツをお腹の下までで履けば妊娠中もしのげます。しかし、マタイティタイツは購入すべきです。
なぜならば普通のタイツでは苦しいから!
マタニティタイツを履くまではその感覚は分かりづらいかもしれませんが、一度マタニティタイツを履くとその快適さから2度と普通のタイツに戻れないほどです。大きくなるお腹に合わせてぐんぐん伸びて、しっかりサポートしてくれます。きつくて苦しい普通のタイツを我慢して履くより1,000円から2,000円で全身が快適になるマタニティタイツを履いた方が生活の質は断然高まります。
マタニティタイツは、妊娠中だけでなく産後も使用可能です。外観でマタニティとはわかりませんので、破れるまで使い倒せます。産後も多く人がマタニティタイツを普段使いしていますので、買っておいて損はないですよ。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

快適なだけじゃない!冷えやむくみ、腰痛対策も

マタニティタイツが必要な理由は「快適さ」とお話ししましたが、実はそれ以外にも様々なメリットがあります。ここでは、マタニティタイツのメリットをピックアップしてみました。

1アイテムでオールオッケー!お腹から足の先まですっぽり包んで冷え対策

妊娠中は冷えが大敵。特に足首やお腹を冷やすとよくないと言われています。そのため多くの人が妊婦向け腹巻を使ったり、レッグウォーマーと靴下を組み合わせたりして冷え対策をしますよね。冬だけでなく冷房が強く効いている夏も冷え対策は欠かせません。
でもマタニティタイツならたった1つで、靴下、レッグウォーマー、腹巻の3役を果たしてくれます。全アイテムを購入して管理するより、マタニティタイツ1つを管理する方が楽ですよね。洗濯物も増えないので、ものを増やしたくない人にもぴったりです。

妊婦の敵!むくみ対策にも

マタニティタイツの中には、むくみ対策になる圧が強めのものも販売されています。足部分は圧が強くても、お腹の部分は包み込むように作られており、お腹はゆったり、足はキュッと無理のない範囲で締めるので、むくみ予防、解消効果が期待できます。
妊娠中は血流が滞りむくみやすいですが、運動もあまりできず解消しづらいもの。タイツを履くだけで、むくみ対策できると助かりますよね。

お腹ホールドで腰痛対策

マタニティタイツは、お腹をしっかりと包み込んでくれます。強いホールド力はありませんが、下から支えてくれますので腰痛対策になるという声も。妊婦帯やベルトほどの力はありませんが、裸のお腹を放り出しておくよりも安定感があります。
妊婦帯やベルトで肌がかぶれてしまう人が、インナーとしてマタニティタイツを使うことで肌に負担なくお腹を支えることもできます。

maternitytights2

もう迷わない!マタニティタイツの選び方

次に、マタイティタイツの選び方をお届けします。
「マタニティタイツ」と検索するとたくさんの商品がヒットするので、どれを選んでいいのかわかりませんよね。そこで、あなたにあったぴったりのマタニティタイツ選びのポイントを解説します。

大きめのサイズを選ぶ

マタニティタイツは、いつも使っているものより大きめのサイズを選んでおいたほうが無難です。いつもの体型とは関係なく、臨月が近づくにつれどんどんお腹が大きくなります。お腹が苦しくなってしまうと本末転倒なので、ゆったりと着られるものを選びましょう。

着圧の有無を確認

むくみ対策でマタニティタイツの購入を検討している人は、着圧があるタイプのタイツを選びましょう。
むくみ解消のために段階的に圧力がかかるタイプのものもあります。ただし、お腹の部分は着圧があると自身も赤ちゃんも苦しくなってしまうので、お腹の部分はゆったりしたものを選んでくださいね。
また、むくみ対策ではない人、着圧が苦手な人は着圧タイプではないものを選びましょう。

厚さを確認

マタニティタイツも、通常のタイツのように様々な厚さが用意されています。季節や冷え感に応じて厚さを選んでください。秋から冬にかけては厚めのタイプを選ぶことをおすすめします。裏起毛タイプや温感タイプなど、様々な冷え対策が施された高機能なタイツがあるので冬場は要チェックです。

フォーマルな場ではマタニティストッキングを

結婚式などのフォーマルなシーンでは、色付きのマタニティタイツではなくマタニティストッキングを選びましょう。そうした場では、肌色やベージュ以外の色のタイツはマナー違反とされています。
マタニティタイツだけでなくマタニティストッキングも各社から販売されているので、フォーマルな場にお呼ばれした時はストッキングを着用しましょう。そのためだけにマタニティストッキングを購入するのがもったいないと感じる人は、パンティストッキングではなく太ももまでのストッキングを選ぶとよいでしょう。価格がリーズナブルなうえ、産後も使用することができます。

マタニティタイツはネットとショップどちらで買うべき?

マタニティタイツはネット通販でもリアル店舗でも購入可能です。
体調の問題で外出できない人はインターネット通販で購入しても問題ありませんが、できればリアル店舗で質感を確かめて購入することをおすすめします。なぜならば、お腹の部分の質感は各社異なるからです。ホールド力の強さや生地の伸びを自分の手で確かめて気に入るものを選びましょう。
それに、タイツの素材も重要です。妊娠中は皮膚が敏感になり、人によってはちょっとした刺激で肌荒れやかゆみなどの不快な症状が現れることがあります。妊娠中に、体質や肌質が変わった方は自分の手で触ってみたほうがいいでしょう。

リアル店舗で購入する場合は、大手のベビーマタニティ用品専門店に行くことをおすすめします。各社のマタニティタイツの見本が展示されていることが多く品揃えも豊富なので、触り心地を確かめながら好きなものを選べます。
リアル店舗に行けない人も、インターネットの口コミを参考に選ぶことで失敗を回することができます。まとめて購入すると失敗した時の痛手が大きいので1つずつ購入するとよいでしょう。良い口コミだけでなく、悪い口コミをチェックしておくと失敗がさらに少なくなります。通販サイトのレビューだけでなく各SNSの書き込みをチェックすると、より生の声を確認できますよ。

maternitytights3

まとめ

マタニティタイツはマタニティ用品のマストアイテムとは言えませんが、あるととっても便利なものの1つ。妊婦さんの大敵である冷え、むくみ、腰痛に一気に対策できる優秀アイテムです。
妊娠中しか使えないかと思いきや、産後も大活躍。伸縮する素材なので、大きくないお腹でもピッタリフィットします。すっぽりとお腹を包み込むので、生理痛対策や冷え対策にも最適。長期間使えるので、購入しても損はないですよ。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧