妊娠中でもおしゃれなファッションを楽しむコツ

maternitywear2
ファッション

妊娠中、お腹が大きくなるにつれ好きな服が着られなくなると思っていませんか?
最近のマタニティウェアは機能性だけでなく、流行を意識したおしゃれなものが多くそろっています。ここでは、妊娠初期から後期まで楽しめるおしゃれなマタニティウェアと選ぶときのポイントについてご紹介します。

まずは手持ちの服をチェック

マタニティウェアは着用できる期間が限定されているぶん、購入費用はできるだけ抑えたいところ。そのためには妊娠前から着ていた服で、なおかつ妊娠中も着られそうなものを探してみます。
例えば、ウエストゴムのパンツやスカートは、妊娠初期ならまだ着られます。ゆったりとしたワンピースなら出産直前まで着用できるものもあるかもしれません。お腹周りがふんわりとしたデザインのカットソーもデザイン次第では妊娠後期まで活用できることも。
ただ、妊娠後期になるとスカートやパンツ、タイツなどは手持ちの服では対応しきれなくなるので、マタニティウェアを活用することをおすすめします。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

夫の服を借りるor兼用する

男性の服なら女性でもゆったりと着られるので、妊娠中だけ借りればマタニティウェアの購入を最小限に抑えられます。女性でも着用できそうなデザインの服を夫が持っていたら貸してほしい、と相談してみるのも良いでしょう。
例えばメンズのTシャツなら、デザイン次第でお腹周りを締め付けないので妊娠中の女性でも安心して着られます。パーカーも女性用のものはお腹が大きくなるにつれファスナーが上がらなくなることがありますが、男性用のパーカーでもサイズによっては妊娠後期まで長く使えます。
また、新しくメンズの服を購入するときにユニセックスなデザインの服を選び、妊娠中に自分で着用したのち、出産後から夫が着るという方法もあります。

男性用の服を女性が着ることで、肩幅が広くなったり袖が長くなったりはしますが、ラフなオーバーサイズファッションとして楽しむことができるでしょう。

先輩ママから譲ってもらう

マタニティウェアは出産してからは全く着る機会がなく、捨てるのももったいなくてずっと保管してある…という人が身近にいるかも知れません。
妊娠がわかり、友人や親戚に報告したときに「もう着なくなったマタニティウェアをあげるね!」と言ってくれる人がいたらぜひ厚意に甘えてみましょう。必要としてくれる人がいてきっと喜んでくれるはずです。

タイプ別おすすめマタニティファッション

マタニティウェアと言えば、お腹の部分を中心として全体的にゆったりとしたデザインが多いのが特徴。お腹をきつく締める服装は妊娠中は避けなければいけませんが、トレンドを押さえたマタニティウェアや、普通のレディスウェアにも負けないほどファッション性の高いデザインもあるのです。

授乳もできるマタニティウェア

ぱっと見ただけではわかりにくくても、マタニティウェアの中には授乳中でも着られるデザインのものが意外と多くあります。

mw1

例えばこちらの一見おしゃれなワンピースは、大きく伸縮するゴムがウエストに入っているため妊娠初期から後期まで長期間にわたって着用可能。それだけでなく、胸元のカシュクールのスナップボタンを外すことで大きく開くようになっており授乳期もそのまま着ることができます。

妊娠していなくても着たくなるマタニティウェア

せっかく洋服を買うなら長く着られるものを選びたい!という人は、マタニティウェアに見えないデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

mw2

妊娠中だけでなく、産後も着られるワンピースです。トップス部分やウエスト部分が一見タイトに見えますが、とても伸びがよく、臨月のお腹でも着用できます。
授乳がしやすいようセンターファスナーが取り付けられており、産前も産後もきれいなシルエットで着用できますよ。

妊娠期別おすすめマタニティファッション

妊娠初期

妊娠初期でまだお腹が膨らんでいなくても、お腹をきつく締め付ける服装は避けたいところ。パンツやスカートはウエストゴムのものなどを選び、少しでもきついと感じたらサイズアップするか、妊娠初期でもマタニティウェアをどんどん活用しましょう。

生地の伸びが良く、体のラインがきれいに見えるこちらのワンピースは、妊娠中も出産後も使えるアイテムです。
妊娠初期なら、タイツやストッキングはまだ通常のサイズのものが利用できるかもしれないので、このようなワンピースと合わせるといいかも。

妊娠中期

妊娠中期あたる5ヶ月頃になると、つわりも落ち着き気持ちに多少余裕が出てくる頃。マタニティウェア選びを始めるにはちょうどいい時期かもしれません。

mw3

リラックス感のあるチュニックは、胸元のさりげないファスナーにより妊娠期だけでなく授乳期も着用できるタイプ。
お腹の大きさを問わず着用できるデザインなので、長い期間活躍すること間違いなしです。

妊娠後期

妊娠後期は、マタニティ用のパンツやスカートの出番です。大きなお腹をすっぽりと包む腹帯付きのものを選びましょう。

mw4

カジュアルにもきれいめにも使える万能選手といえば黒のスキニーパンツ。
妊娠後期に腰痛や足のむくみなどに悩まされることが多くなりますが、そんな時期でも少しでも快適に過ごせるように工夫されています。履き心地も肌触りも抜群でストレスフリーな着心地。

番外編 マタニティヨガをするなら

妊娠中は普段着だけでなく、体を動かすためにマタニティヨガをする人も多くいることでしょう。ヨガウェアは体を締め付けないデザインのものばかりですが、妊娠中は特にウエスト周りに余裕があるマタニティ専用のヨガウェアを選びましょう。

mw5

お腹の部分だけでなく生地全体に伸縮性があり、着心地は抜群。もちろん産後のヨガレッスンを受講するときにも使えます。シンプルなデザインなので、トップスはTシャツまたは柄物のヨガウェアを選んでも合いそうです。

妊娠中の季節に合わせて選ぶ

「妊娠中しか着ない服」を選ぶ場合、必然的に1年のうちの9~10ヶ月間となりますが、どの季節にどんな服装にするのかを考えながら服選びをすると良いでしょう。
例えば、4月に妊娠が判明し出産予定日が1月の場合、マタニティウェアはお腹が膨らみ始める夏頃から準備を始め、妊娠後期になる冬には冬用のボトムスやコートを選ぶなど、妊娠の時期と季節を考えて服を選ぶことが大切です。
寒い時期にお腹が大きくなる場合は、腹帯部分が裏起毛素材のボトムスをチョイスし、妊婦用の腹巻も活用すると良いでしょう。反対に夏にお腹が大きくなる場合は、ショート丈のボトムスで涼しく快適に過ごせるようにしてみても。

なお、ボトムスなら素材次第でオールシーズンに対応しているものもあります。

mw6

Tシャツにもニットにも合うシンプルなデザインで1年中着用できます。ウエストのアジャスターが20段階もの調節が可能なので妊娠初期から後期まで活躍します。もちろんオフィスコーデにもぴったり。
どの方向から見てもシルエットがきれいなので、出産後に体型が戻っても着たくなるデザインです。

まとめ

お腹が大きいのを理由にファッションを諦めるのはもったいないことです。むしろ、妊娠中しか着られないマタニティウェアを思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。
お腹のなかに赤ちゃんがいる期間は、長いようであっという間です。数ヶ月前まで着ていた服が出産したらすぐに着られなくなるのは、なんだか寂しく感じるかもしれませんね。できるだけ長く着ることができ、なおかつ妊娠中だけでなく産後も着たくなるようなお気に入りのマタニティウェアを探してみてください。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧