パジャマを見直そう!絶対使えるマタニティパジャマの選び方

nightwear
ファッション

マタニティウェア選びについては以前こちらの記事

で解説しましたが、マタニティパジャマはお忘れではありませんか?

外に着て行くものではないし、とりあえず入るものを着ておけばいいよね…という考えの人は少なくないはず。確かに外へ着ていくものに比べると人目にはつきませんし、流行もあまり関係ないのでそうした考えになるのはごく自然なことでしょう。
ですが、体を休めるときに着るものだからこそ合ったものを選ぶことでさらに快適に過ごすことができます。特にマタニティパジャマは、入院したときや授乳するときのことまで考えて選ぶ必要があります。
良いマタニティパジャマとは?そもそもなぜパジャマが必要なのか?
この記事を読み終える頃には、パジャマに対する意識が少しだけ変わっているかも知れませんよ。

マタニティパジャマ選びのポイントは?

パジャマは体を休めるために必須のアイテムです。
妊娠期はもちろん、産後の疲れた体を労るマタニティパジャマは、本来のパジャマとしての機能に加えてさらに工夫が凝らされています。入院するときのこと、授乳するときのことなど妊婦さん特有のポイントを押さえて選ぶと、きっと用意しておいて良かったと思えるアイテムになるはず。

ポイント1:トップスが長めのタイプ

一般的にマタニティパジャマといえば、ワンピースとしても着られる丈のトップスにズボンがセットになっているこのタイプが多いでしょう。
特に入院中によく着用されますが、理由としては

  • 出産前後は診察が多くなるためその都度ズボンの着脱するのは不便
  • 出産直後は産褥パッドでごわつくためピップ部分を完全に覆って隠せる
  • 傷の痛みによりズボンを穿くのが辛い場合がある

などが挙げられます。
何着かマタニティパジャマを購入することになるかと思いますが、まずはこのタイプのものを選ぶのがいいかも知れませんね。
病院や産院は室温を高めに設定しているところが多いですが、ズボンを着用せずワンピースとして使用する場合はひざ掛けを用意したりするなど冷え対策に気をつけましょう。

nightwear3

実際の経験から生まれたマタニティパジャマ。フロントボタンは実際にはファスナーになっており開け閉めもスムーズ。

ポイント2:産後も着られるタイプ

マタニティウェア選びの記事でも書きましたが、お腹が大きいときにだけ着用するのはもったいないですよね。
お腹の大きさに関わらず着用できるものを選ぶことで、産後もそのまま使えて経済的です。ウエストにアジャスターや調節紐がついているもの、ワンピースタイプなどが特におすすめです。

ポイント3:授乳しやすいタイプ

パジャマを貸し出してもらえる場合はさておき、入院の際に病院側から指定されるが大半でしょう。産後は授乳指導もありますし、退院後も数時間おきに授乳や搾乳しなくてはならないことを考えると脱がなくても対応できるパジャマを選んでおくべきでしょう。
また退院後も授乳や搾乳を頻繁にしなくてはいけないことを考えると、授乳口がついているタイプが絶対に便利です。添い寝しながらの授乳に、寒い時期の授乳にと重宝しますよ。

nightwear4

胸元がカシュクールになっているので、スムーズに授乳できます。妊娠中にも着用できるよう作られているので長期間着用できコスパも抜群。

ポイント4:ルームウェア風のタイプ

義両親や友人がお見舞いに来るときや院内の売店にちょっと買い物に行きたいとき、自宅で宅配便に対応するとき…いかにもパジャマなものを着たままなのは少し抵抗がある上に、そういう機会は思いのほか多いもの。
そんなときのためにも、見た目がルームウェア風なものも持っているととても便利です。

nightwear5

こちらも産前産後問わず着用でき、両サイドに授乳口が設けられているタイプです。さらさらとした肌触りとゆったりしたサイズ感でストレスフリー。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

パジャマそのものの機能について

マタニティパジャマ特有の機能や性能を踏まえて4つのポイントを挙げましたが、そもそもパジャマそのものの機能はご存知でしょうか?
わざわざパジャマを買うのはもったいない、着替えるのが面倒臭い…理由はそれぞれですが、パジャマとルームウェアを兼用しているパターンはとても多いと思います。
ルームウェアは自宅でリラックスしたり家事をしたりするときに着用する部屋着であるため、着心地が良さと動きやすさが重視されます。それに対してパジャマは用途が限定されており、「眠ること」に特化して設計されているのが特徴です。
リラックスできる服装ならなんでも同じというわけではなく、パジャマがおすすめされる理由はちゃんとあるのです。

では、ルームウェアにはないパジャマの性能とはどのようなものなのか見てみましょう。

締め付けがない

パジャマの第1条件と言っても過言ではないでしょう。
例えばスウェットパンツを寝巻きにしている人、結構いますよね。確かにスウェット素材は吸水性、防寒性に優れているものが多く着心地も楽チン。
ですがもともとスウェットはスポーツ選手が競技の前後に着用したもので、体をのびのび動かしたりリラックスしたりすることには向いていますが、ウエストゴムやリブのフィット感は睡眠を想定して設計されていません。ルームウェアとしては適していますが、パジャマとしては締め付けがあり向いていないでしょう。

吸水性、吸湿性がある

眠っている間にコップ1杯分の汗をかくという有名な話からもわかるように、私たちの体は睡眠中に想像以上の汗をかいています。
吸水性や吸湿性のない素材のものは蒸れてしまい思いのほか不快感を与えますから、知らず知らずのうちに寝苦しさを覚えてしまう上に汗が吸収・発散されないままだと体が冷えてしまいます。
ジャージ素材のものをパジャマとして着用している人もいますが、吸水性も吸湿性も悪いため寝具のなかで蒸れてしまうのでおすすめできません。意外なところでは、気持ちの良い肌触りで人気のふわふわ素材のものも該当します。

寝返りが打ちやすい

個人差はありますが、人間はひと晩で10~30回もの寝返りをすると言われています。
寝返りが多いのは熟睡できていないからと思われがちですが、寝返りを打つことで血液の循環が良くなるため、それにより良い睡眠ができると考えられています。寝返りを打つ際に生地が突っ張ってしまうと寝心地が悪くなり、必然的に安眠の妨げになってしまいます。
ゆとりのあるサイジングや、伸縮性がある生地を選ぶなどして対処しましょう。

余計な装飾や生地がない

例えばフード付きのものなどよく見られますが、もたつきにより枕の高さに影響が出て首周りが疲れてしまいます。また冬場の場合は防寒のために厚着して就寝する場合も少なくないと思いますが、こちらの場合もやはりもたついてしまい、いつのまにか寝返りが制限されてしまいます。
いずれも寝返りを打ちにくくなるため、結果的に寝違えの原因にもなりかねません。

丈夫な素材

パジャマは何時間ものあいだ素肌に密着して汗や皮脂を吸い、頻繁に洗濯をくり返すためダメージを受けやすいアイテムです。せっかくパジャマを新調したのにすぐだめになってしまった…なんてことがないよう、へたりにくい素材がおすすめ。

入眠儀式になる

聞き慣れない言葉かも知れませんが、眠る前に行う特定の行動のことを指します。
お風呂に入る、歯磨きをする、パジャマに着替えるなど、なにかしら習慣を作って行うことで心身のモードが切り替わり、スムーズに入眠できるようになるとされています。

nightwear2

こうして見てみると、パジャマはよい睡眠を得るために作られている衣類だということがよくわかりますね。適当な服で寝るのをやめパジャマを導入したことで睡眠の質が上がったという話も珍しくありません。外に着て行くにはくたびれてしまった服をパジャマに転用しているパターンはよくありますが、ルームウェアとして使用するにとどめておきましょう。
これらのことはもちろんマタニティパジャマも同じですので、マタニティパジャマを選ぶときはデザインやサイズばかりに気を取られがちですが、パジャマ本来の機能性を忘れないようにしましょう。

まとめ

ちゃんとしたパジャマを着用することで睡眠の質が上がることが期待される上、マタニティパジャマはいずれ必要になるものなので早めに用意しておいて損はないでしょう。
もちろん入院中だけでなく、退院後も自宅でマタニティパジャマは大活躍します。母乳や悪露で想定外に汚してしまう場合も考えられますので、洗い替えと予備として最低でも3着は用意しておくと良いでしょう。

産後すぐは体調も万全ではありませんし、パジャマを着ている時間は自然と長くなると思います。数時間おきに授乳をし、まとまった睡眠時間を取ることも難しい生活がしばらく続くなかで、短い睡眠時間に少しでも体を労れるよう自分に合ったマタニティパジャマを探してみましょう。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧