コスパ&品質で選ぶ!おすすめ妊娠線予防クリーム3選と塗り方

pregnancylinecare
ヘルスケア

妊娠は女性にとっては幸せなこと。赤ちゃんを9ヶ月間体内で育み愛おしむ、女性だけの特権です。
ですが、妊娠中の女性は非常に多くのマイナートラブルに襲われます。肌荒れや体重増加、むくみに、抜け毛。中でもたくさんの女性が悩まされるのが妊娠線問題です。

妊娠線はできてからのケアより、できるまでの対策が重要です。
そこで、妊娠線を作らないためのクリームの選び方や、おすすめクリーム、クリームの塗り方をご紹介します!なんとか妊娠線を予防したいという人は、ぜひ読み進めてくださいね。

たくさんあって選べない!妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のクリームはたくさん販売されていますね。クリームタイプやオイルタイプなど種類も様々です。そのため「どれを選んでいいかわからない!」と妊娠線クリームジプシーになっている人も多いはず。
そこで、失敗しない妊娠線クリームの選び方をご紹介します。

高額なものでなくても大丈夫

妊娠線クリームは意外と高額なものもあります。「高いほうが良い成分が入っていて効果が得られるのでは?」思ってしまい、無理して買ってしまう人もいます。
確かに安価な製品には配合されていない成分が含まれていることもありますが、妊娠線クリームはケチらずたっぷり使って保湿をするもの。安くても保湿効果がそれなりにあるものを惜しまず使って肌をケアすることに注力すれば問題ありません。
妊娠線対策は継続しなければ意味がないので、価格がネックでケアを途中で断念してしまった…ということのないように、無理のない価格帯のものから選びましょう。

自分が使いやすいテクスチャ-、匂いを選ぶ

妊娠線予防は毎日続けるものだから「気に入ったもの」を選びましょう。ボトルが気に入らない、テクスチャーが嫌だ、などの不満点があるものは継続できず、挫折してしまいがちです。匂いやテクスチャーを実際に試して、「これだ!」と思ったものを購入すると良いでしょう。
オイルタイプ、クリームタイプに二分されますがどちらも保湿効果はありますので、ご自身が好きなタイプを選んでくださいね。

低刺激タイプを選ぶ

妊娠線予防専用クリームではなく、市販の保湿クリームで代用する場合は「低刺激タイプ」を選ぶと良いでしょう。
界面活性剤や石油系成分、アルコールなどの肌に刺激的な成分が含まれているものは、妊娠中の敏感肌にトラブルを起こす可能性があります。新生児から使える保湿剤などは低刺激なのでおすすめです。

産後は赤ちゃんが使えるものを選ぶ

妊娠線予防のクリームの中には赤ちゃんが使えるものもあります。今は赤ちゃんでも全身保湿が必要と言われている時代。お風呂の後など保湿できるように、赤ちゃんと共用できるアイテムであれば無駄がありませんよね。

厳選!おすすめ妊娠線予防クリーム3選

選び方を一通り確認しても、やっぱり実際に選ぶと迷いますよね。
そこで、リーズナブルなお値段のコスパ最強&高品質の妊娠線予防クリームをピックアップしました。これからクリームを使ってみようと思っている人も、今使っているもののほかに良いものがないか探している人も、ぜひ参考にしてくださいね。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

mamakids

ご存知『たまひよ』で、赤ちゃんグッズ大賞妊娠用ボディケアアイテム部門で第1位を獲得したクリームです。
その名前の通り産後も赤ちゃんと共用で使えるように低刺激に作られていますが、うるおい成分や弾力サポート成分はしっかり配合されており、水分と油分をこれ1本でバランス良く肌に与えることができます。皮膚科専門医と産婦人科医が協力して開発されたという点もとても頼もしいですよね。
インテリアに馴染みやすいナチュラルカラーのボトル内部は二重構造になっており、容量が減ってもクリームが空気に触れないため防腐剤を限りなく減らすことに成功しています。ベタつきもなく使いやすいと評判です。
公式サイトで購入すると初回限定価格として割引されるうえ、ポーチやスキンケアセットなどがおまけで付いてくるので断然お得です。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム 公式サイトへ

ベルタ マザークリーム

beltamc

出産を経験したスタッフたちが開発したこのクリームは、保湿効果や低刺激はもちろんのこと、癒やされる香り、肌バランスの引き締め、美容成分の配合など、経験者ならではの目線が盛り込まれています。
妊娠線予防はもちろんのこと、産後のボディケアまで見据えて使うことを前提にしているのは嬉しいですよね。もちろん安心の無添加。こちらも柑橘系の香りつきですが、肌に塗るとほとんど感じなくなる程度の超微香仕上げです。コンパクトなチューブタイプなので持ち運び用としてもオススメです。
定期便コースに申し込むと、初回分が92%オフ価格の500円になるうえ2回目以降もずっと28%オフ価格で購入することができるので、長い期間使うことを考えるとかなりお得です。

ベルタ マザークリーム 公式サイトへ

アロベビーフォーマム ボディマーククリーム

alobaby

アロベビーフォーマムは伸びの良さとしっとり感、強すぎないネロリの香りが特徴の妊娠線クリームです。
臨月に近づくにつれ大きくなるお腹全体だけでなく、太ももやお尻にも塗ろうと思うとクリームの伸びの良さは重要ですよね。アロベビーフォーマムは伸びが良く、塗り直すことを忘れるくらいしっとり感が持続すると評判です。
柑橘系のネロリの香りがついていますが合成香料は使われていないうえ、妊娠中は嗅覚が敏感になることを考えて超微香になっているのでつわり中でも癒やされる香り。もちろんこちらも赤ちゃんと使えるように、シリコンやパラペン、石油系界面活性剤など12の添加物は不使用です。
1本からのお試し購入も可能です。特別価格で購入でき、万が一肌に合わなかったときのために15日間の全額返金保証が付いているので気軽に試せるのではないでしょうか。

アロベビー フォーマム 公式サイトへ

とにかく継続が大切!妊娠線予防クリームの塗り方

妊娠線予防のクリームは、「毎日使い続けること」が大切です。どんなに効果が高いクリームでも気が向いた時に塗る、という程度では効果は期待できません。
では早速塗り方をチェックしましょう。

妊娠初期からスタートする

妊娠線予防は、即効性のあるものではなく習慣づけることが大切なため、お腹が出ていなくても早めに始めたほうが良いでしょう。
ただし、安定期前に無理をしてマッサージすることはありません。あくまで優しいタッチでクリームを塗り、体調が優れない、お腹が張りやすいなどの症状がある場合は、医師に相談してから使ってください。
安定期以降は、お腹の赤ちゃんとのスキンシップの一環としても楽しめますよ。

クリームは全身使える!

妊娠線といえばお腹をイメージしますが、急激な体型変化があれば全身に発生する可能性があります。頻発部位は、お腹、乳房、二の腕、お尻、太ももです。これらのパーツに満遍なく塗っておけば万全ですね。
お腹や乳房以外のパーツは妊娠線予防専門クリームにこだわらず、市販の保湿材をたっぷり使うとよいでしょう。

「優しく丁寧に、下から上に」が基本

お腹に塗る場合は、下から上に向かって優しく塗りましょう。
妊娠後期になるとお腹の下が見えなくなり塗りづらくなりますが、特に妊娠線が発生しやすい箇所なので家族に手伝ってもらうなどして忘れずに塗りましょう。手や腕などは、リンパの流れに沿って優しくなじませてください。

継続が何より重要

お顔のスキンケアと同様に、妊娠線ケアも継続が重要です。
化粧水や乳液は、どんなに忙しくてもほとんど忘れることはありませんよね。それと同じで妊娠線対策のクリームも毎日、出産まで習慣として続けましょう。特に、妊娠9ヶ月、10ヶ月は急激にお腹が大きくなり妊娠線が発生しやすいのでご注意ください。

pregnancylinecare2

まとめ

妊娠線は、妊娠中は体型変化とホルモン分泌の変化によりどうしてもできやすいものです。でもクリームを継続して塗り続け、保湿することである程度は回避できると考えられています。
妊娠線予防のクリームは専用商品も販売されていますし、低刺激のものであれば市販の保湿クリームでも代用可能です。大切なのは妊婦さんがストレスなく毎日継続できるクリームを選ぶこと。
こだわりすぎて高額なものを選ぶと続けにくいですし、成分ばかりに注目して苦手なテクスチャーのクリームを選んでも継続できません。お値段や使い心地、デザインなどを総合的に判断して「毎日ストレスフリーに続けられるクリーム」を選ぶと良いでしょう。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧