妊娠の兆候ってあるの?妊娠初期にありがちな症状をチェック!

signs
ヘルスケア

妊娠したかどうか、毎月ドキドキしながら過ごしている人もいることでしょう。
ドラマなどでは突然吐き気を催して妊娠に気づくシーンが多く見られますが、妊娠初期特有の症状や兆候、体の変化としてどんなものがあるのか、いざ検査薬を試すまえに知っておきたいところ。
実際は実に様々な兆候が見られます。

妊娠週数の数え方

予備知識として、月齢の数え方を確認しておきましょう。
着床してから月齢を数え始めると思っている人も多いですが、実際は最後の生理開始日から数え始めます。妊娠週数

標準的な28日周期で数えると、生理開始日から約14日後に排卵し受精、そこから約7~10日後に子宮内膜に着床を開始し、さらに約3~5日ほどかけて着床を完了します。そこでようやく妊娠が成立したと見なされます。ここで着床しないと、また生理が訪れる仕組みです。
この着床のころまでの時期を、一般的に「妊娠超初期」と呼びます。

【妊娠超初期】妊娠1ヶ月(0~3週)

この時期は月経と排卵ののち、受精と着床が行われ、妊娠はまだ成立していない状態です。子宮の大きさも、非妊娠時と同じ鶏卵大ほどのサイズのまま。
着床しないと体に変化は現れないので、つわりなどは起こりません。

この時期の症状

前述したように、妊娠が成立しない限り症状が出ることはほとんどありません。ですが、着床に伴い変化が見られる人もいます。

着床出血

子宮内膜に受精卵が入り込む際に少し溶け、出血が起きることがあります。また、急激なホルモンバランスの変化により出血する場合もあります。いずれの場合も着床のころに起きるため「着床出血」「妊娠出血」などと呼ばれます。
生理予定日の少し前から生理予定日にかけて起きますが、出血量がごく少量(拭いたらつく程度)で日数も短いため生理と見分けをつけることができます。
ですが、もともと生理不順だったり少なかったりする人などは、生理だと思ってしまうこともあるようです。
妊娠した人のうち、着床出血がなかった人のほうが多いと言われています。

【妊娠初期】妊娠2~4ヶ月(4~15週)

妊娠初期というと、一般的には妊娠2ヶ月~4ヶ月を指します。
妊娠2ヶ月目(妊娠4週~)のはじめごろに妊娠に気づく人が多いですが、生理が来ないことをきっかけに検査をする人が多いためです。ですが人によってはもともと生理が遅れがちだったりすることも珍しくないため、妊娠3ヶ月目で気づく人もいます。

この時期の症状

早い人では妊娠2ヶ月に入ったころからつわりが始まる人も。つわりというほどでなくとも、いつもとは違った症状を感じることが増え始めます。
ここから安定期に入るまでが、つわりのピークであることが多いでしょう。着床が完了し妊娠が成立したばかりのこの時期は、ホルモンバランスが大きく変化し始めるために様々な症状が出ると考えられています。

異常な眠気

寝ても寝てもとにかく眠い!という症状に見舞われた人は多いようです。「眠りづわり」「寝づわり」とも表現されることがあるほどです。
プロゲステロンという女性ホルモンが妊娠に伴い増えることで眠くなると考えられています。また、妊娠に伴う心身の変化により以前より睡眠の質が低下してしまい、日中も眠気を催してしまうという場合も。

倦怠感

同じくプロゲステロンの働きにより代謝が活性化し体力を消耗するうえ、血流や血圧の変化などが重なって疲れやすくなり、体のだるさとして表れと考えられています。

頻尿

代謝の活性化、血流の増加により腎臓の働きが促され、尿量が増えやすくなります。
また、以前より子宮が少し大きくなるため膀胱が圧迫されやすくなり、尿を溜めておける量が減ると考えられています。妊娠中期ごろになると、子宮の位置が変わるため膀胱が圧迫されることによる頻尿は改善されることが多いようです。

便秘

これもまたプロゲステロンの分泌が引き起こす症状です。プロゲステロンは子宮の筋肉の収縮を抑える働きをもたらしますが、同時に腸の働きも抑えてしまうため便秘になりやすくなります。

胃の不調

プロゲステロンは腸だけでなく、消化器官の動きを抑制してしまうため胃にも影響が出ます。痛み、もたれ、ムカムカ、膨満感、吐き気…なにかしらの胃の不調もよく見られる症状です。

においに敏感になる

つわりとしてよく挙げられる症状です。エストロゲンというホルモンが増えることにより嗅覚が敏感になり、今まで気にならなかった匂いがダメになってしまいます。
食べ物の匂いがダメになる人もいれば化粧品の匂いがダメになる人など様々。なかにはパートナーの匂いが受け付けなくなってしまったというパターンも。

おりものが増える

ホルモンバランスの変化により頸管粘液の分泌が増え、おりものが増加することがあります。おりものが増えることで、雑菌などの侵入を防ぐ自浄作用が高まっていると考えられます。

胸の張り・痛み

乳房が張って痛んだり、人によっては乳首が敏感になりかゆくなったり痛んだりすることもあるようです。
プロゲステロン、エストロゲンいずれのホルモンも乳腺や乳管を発達させる作用があるためです。

気分が安定しない

落ち込みやすくなったり、怒りっぽくなったりと気分の浮き沈みが激しい状態になることも。やはりこれも女性ホルモンの影響です。今までとはホルモンの分泌期間やバランスが大きく変化するため、情緒にまで影響が出ると考えられています。
また、つわりによる体調の悪さにより心が塞いでしまっているケースもあります。

signs2

注意点

症状は人それぞれ

妊娠初期に体験した兆候としてよく挙げられる代表的な症状を紹介しましたが、妊娠したからと言ってこれらの兆候が必ず表れるわけではありません。
個人差が大きく、症状がある人もいればない人もおり、症状があったとしても人とは違った表れ方をする可能性も大いにあります。なかには、股関節が痛む、唾液が増える、鼻水が止まらなくなるなどの経験をした人もいます。

症状がある=妊娠ではない

これらの症状は、妊娠を確定させるものではありません。
基本的にPMS(月経前症候群)と似た症状が多く、また体温が高い状態が続くこともあり風邪の初期症状とも似ている場合もあります。とくに普段からPMSの症状が出やすい人であれば、なおさら見分けはつきにくいでしょう。

服薬、ビタミンAの摂取などに注意する

頭痛や胃の不調といった症状が出たときに、いつもなら薬を飲んで対処するという人は多いと思います。ですがそれがもし妊娠による可能性が考えられるタイミングであれば、胎児への影響を考えて妊娠していないことが判明しない限り服薬は念のため我慢しておきましょう。アルコールや喫煙も我慢です。
ビタミンAの過剰摂取についても、特に妊娠初期には気をつけるべきとされていますから注意が必要です。

妊活や妊娠初期に有効な栄養を摂る

逆に、細胞や血を作るのに必要な葉酸や亜鉛などは意識的に摂取量を増やしておくと良いでしょう。特に葉酸は、不足しがちな栄養素であるにも関わらず胎児の先天性異常のリスクを低下させる働きを持つため、厚生労働省からも進んで摂取するよう呼びかけられています。

妊娠中に飲むことを考えて作られたサプリメントも多くあります。

例えば雑誌などでもよく取り上げられる「ママニック」などは、葉酸や鉄分だけでなく、普段の食生活の中で基礎的な栄養素を適切に配合し、さらには乳酸菌や美容成分まで含まれています。そのため妊娠中のみならず、妊活の段階で体づくりのためにママニックを飲む人も多いようです。
粒の大きさや匂いの少なさなどの飲みやすさも人気の秘訣。

mamanic

ママニック 公式サイトへ

より妊娠を推測したいなら

症状のみで判断するのは難しいため、より妊娠の可能性を見極めたいのなら、基礎体温を普段からつけるのがおすすめ。グラフの周期から排卵や生理予定日の予測がつきやすくなります。
生理予定日を過ぎても高い体温を維持したままで生理が始まらなければ、妊娠の可能性があると推測できます。
また、予定日前から予定日にかけてのタイミングで少量の出血があった場合も、体温の推移から排卵出血かどうかおおよその見当をつけることができるでしょう。

毎朝起床時に専用の体温計で測定し、体温の変動を記録しグラフ化するのが一般的。記録用のスマホ用アプリも数多くあるのでデータ管理も簡単です。
妊娠の可能性があるときだけでなく、なにかしら不調があるときにも診察時に記録を見せると参考にしてもらえます。

signs3

妊娠検査薬でチェックするなら

人により様々な症状があったりなかったりする妊娠初期。結局、妊娠した人すべてに必ず訪れる兆候は「生理が来ないこと」です。
特に規則正しい生理周期の人であれば、2・3日遅れているだけでも妊娠の可能性を考えるでしょう。
可能性を考えた時点ですぐに妊娠検査薬を試したくなるところですが、受精卵が着床後に分泌され始めるhCGホルモンの尿中の濃度が一定以上にならないと正しい判定ができない仕組みのため、通常の妊娠検査薬は生理予定日より1週間ほど経過しないと使用することができません。
生理周期が安定しておらず生理予定日がはっきりしない場合は、性交渉があった日から3週間経ってから検査薬を使用すると良いでしょう。

早期妊娠検査薬ならいち早く判定できる

とは言っても、妊娠しているかどうか一刻も早く調べたい、生理予定日から1週間も待てない!というケースもありますよね。
早期妊娠検査薬であれば、通常の妊娠検査薬より少ないhCGホルモンに反応するように作られているため生理予定日から使用することができます。普通の妊娠検査薬は第2種医薬品に分類されますが、早期妊娠検査薬は医療用体外診断用医薬品に分類されるため店舗での購入は薬剤師による対面販売のみとなっています。
下記のサイトで販売店を確認することができます。

アラクス 医療用体外診断用医薬品取扱い薬局 一覧

通信販売であれば、海外製の早期妊娠検査薬も入手することができます。

最終的には必ず産婦人科へ

もし様々な兆候があったうえで生理が来ていなくても、確実に妊娠しているとは限りません。また、妊娠検査薬もあくまで簡易検査であり、排卵のタイミングやホルモン分泌量の個人差などによっては判定結果に影響を及ぼしている場合もあります。
どのみち生理が来ないようであれば、妊娠によるものなのかそれ以外の理由によるものなのか、妊娠しているとしても正常な妊娠なのかどうか、医師に確認してもらうことになります。

signs4

まとめ

妊娠の兆候とされる様々な症状は前述したようにPMSや風邪とも見分けがつきにくく、妊娠を断定できるものではありません。あくまでもひとつの目安としておきましょう。
また、普段から自分の生理周期や基礎体温を把握しておくことで、体の変化に気づきやすくなります。
日頃からバランスの取れた食生活を心がけて妊娠に備えるとともに、自分の体の状態を気にかけておきましょう。

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOAマタニティウェアCHOCOAのサイトへ

ピックアップ記事

関連記事一覧